手軽にできる!気になるほうれい線を目立たなくする方法

ほうれい線ができる大きな要因

ほうれい腺ができる原因には、加齢の他に、ダイエットのやり過ぎやその逆のドカ食い、あるいは寝不足や目の疲れ、紫外線の影響などがあります。室内が乾燥しているために肌が過度に乾燥してしまって、ほうれい線が出ることもありますよ。表情筋の筋肉の衰えや、顔まわりの血液循環が滞っている場合にも、ほうれい線が現れます。肩がこっている時は血行も悪くなっていますので、顔にむくみが出やすく、しわになる原因にもなります。

ほうれい線を目立たなくする顔ストレッチ

ほうれい線を少しでも目立たなくしたい人のために、お勧めの顔ストレッチがあります。身体が冷えているより、温まっている方が効果が出ますよ。入浴後にするのもいいですね。まず頬を膨らませて、10数える間そのままの状態を保ちます。しっかり力を入れるのがポイントです。次に「あいうえお」を大げさなくらい大きな口を開けて発音します。2、3度繰り返します。さらに口の中で舌を回し、口の内側からほうれい線を押し上げるようにします。最後に、頬を指先でやわらかくマッサージして終了です。

頬を引き上げてほうれい線対策

実は頬を上に引き上げる働きは、側頭部の筋肉が行っています。そのため、この部分の筋肉がこっていて柔軟さを失っていると、頬がたるみ、ほうれい線が現れます。こりをほぐすには、まず人差し指、中指、薬指の3本をこめかみにあてて、小さく円を描くようにしてほぐしていきます。次に同じく3本の指で耳のうしろ側、髪の生え際をよくもみほぐします。気持ちいいと感じるくらいの強さで押すといいですね。これを3回から5回繰り返して終了です。

しわの予防には、肌の保湿と紫外線対策が最も重要です。眉をひそめる癖のある人も、意識して直しましょう。