これで大丈夫!つけ爪を自然に見せる3つのポイント

ネイルチップの幅をチェックしてみましょう

人口のつけ爪でネイルチップはとても気軽に着脱ができおしゃれになれます。ただし付け方によっては、不自然になってしまったりで苦手意識を持っている人もいるようです。3つのポイントを押さえるとネイルチップが自然になりますので、チェックしてみましょう。まずはじめにチェックするのは、ネイルチップの幅です。自分の爪の幅にピッタリ合ったネイルチップを選びましょう。もしも合うサイズのチップがない場合は、少し大きめのサイズを選択します。大きいサイズのネイルチップの両側面を削って自身の爪の幅に合わせましょう。

ネイルチップのカーブをチェックしてみましょう

つけ爪が不自然になってしまう原因の一つに、指の先から見た時のネイルチップと自身の爪のカーブが合っていないことでしっくりこない感じになってしまうことがあります。特に平爪の人は、チップを選ぶ場合にカーブのあるものではなくて、フラットなものを選んだほうが不自然さが改善されます。またネイルチップの素材が柔軟なものですと、とてもよく爪にフィットすることで不自然さが改善されます。ネイルチップの素材にもこだわってみるといいでしょう。

爪に密着しているかチェックしてみましょう

ここまではネイルチップのサイズとカーブという形状について記載してきました。最後に気をつけるのは自身の爪への接着についてです。ネイルチップを接着する場合、両面テープ、接着剤であるネイルグルー、そして粘着グミがあります。接着剤により不自然さが目立ってしまいます。ネイルチップと自身の爪のカーブがあっていない場合には、接着に粘着グミを使い接着面積を多くすると不自然さが改善されます。ご自身の爪の形状にあったネイルチップを選び、きちっと接着することで自然に見せることが出来ますので、諦めずに工夫してみてくださいね。

ネイリストとは、爪先にデザインを施すネイルの施術を職業とする人のことです。資格を取ればサロンなどで働けるほか、自宅ショップを開くことも可能で、女性に人気の仕事といえます。