痛くない医療レーザー脱毛も出てきている!

医療脱毛は痛いものだった

医療脱毛は高い効果が得られる分、痛いと言われてきました。出力の高いレーザー装置を使うので、毛根を破壊できる確率が高くはなるのですが、その時の痛みは当然あるわけで、しかたのないことと思われてもいたみたいです。痛いのに、医療の現場でそのまま続いていることってありますよね。乳がん検査のマンモーグラフィなどもそうです。いくら効果が高いからと言って、やはり痛いのは避けたくなりますよね。医療脱毛では、痛くない方法が編み出されてきたみたいです。

出力が弱くても効果がある?

医療脱毛では、出力の高いレーザー装置を使うので効果がある分、痛いと言われてきたのですが、出力が弱くて痛みが少ないのに効果が高いというレーザー装置も出てきたようです。それで効果が得られるなら、それに越したことはありませんね。レーザー照射は肌にもなされますから、まったく肌に影響がないわけでもないでしょう。白人と違って、黒っぽい色素が多少なりともあるわけですから、強いレーザー光は、避けられるのなら避けたいものです。

レーザー照射直後に冷却

レーザー照射の直後に肌を冷却する装置もあるみたいです。ヤケドをしたら、冷やすのが普通ですから、レーザー照射でダメージを受けている肌が冷やされて痛みも和らぐなら、好ましいことでしょう。このように、マンモーグラフィなどと違って、痛い、という声に対応策が講じられるのはうれしいことですね。レーザー脱毛はまだ始まって間もないので、これからどんどん改良されることが期待できそうです。ちょっと前までは、電気針脱毛しかなかったんですから。

最近は肌が弱い人やお子さまでも施術を受けられる脱毛サロンがあります。毛の種になる部分を破壊する方法で、毛の成長を抑止します。